指しゃぶりをするのは、赤ちゃんだけではありません


指しゃぶりというと、赤ちゃん特有のものである、と思われがちですが、なかには、小学生になった時点においてもやめられないという子供もいます。

sponsored link


いつまでも指しゃぶりをすることによるトラブル


このような場合、何が困るかというと、第一には、歯や、あごの発達に影響を及ぼすということです。

指しゃぶりという癖が治らず、成長期においてそれが続くと、指しゃぶりの癖の治った子供と違い、歯やあごの成長にまで影響を及ぼす為、この点において、癖は直したほうが良い、といえるでしょう。

また、おしゃぶりの癖が治らないまま、ある程度の年齢にそのまま達すると、無意識の癖となってしまい、治すことが非常に困難になってしまう、という難点が、あげられます。

以上の点から言えることは、小学生になって、おしゃぶりの癖がなおらないようだと、成長にも影響を及ぼし、将来のためにも、悪影響を及ぼすことが考えられる為、治してあげた方がよい、ということがいえます。

お子さんがなかなか指しゃぶりをやめることが出来ない場合は、信頼の置ける小児科医などに相談されてみることをお勧めします。

sponsored link



このページのトップへ戻る


当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

copyright©2009  【指しゃぶりをやめさせる】-指しゃぶりの原因や防止法  All Rights Reserved