指しゃぶりをするのは当然のことです


大抵の赤ちゃんが指しゃぶりをします。

これは、将来、食べ物を食べた時に、もどしたりしないようにする訓練とされています。

また、人間には、本来、唇に触れたものには吸い付くという本能があるようで、そのあらわれとして、じぶんの一番身近にあるもの=指に吸い付くといわれています。

このように、人間としての機能を立派に果たしているかという点で、赤ちゃんが指しゃぶりをするのは、当然のことである、といえます。

sponsored link


指しゃぶりは順調に赤ちゃんが成長している証


人間としての機能として指しゃぶりをしているのとともに、将来、食べたものを吐き出さないための訓練でもあるということですので、指しゃぶりは順調に赤ちゃんが成長している証しでもあるといえます。

そう考えると、大変小さく、かわいい赤ちゃんでも、人間が持っている、本来の本能を、指しゃぶりによって示しているわけで、なんだか頼もしくも感じてきませんでしょうか?

と、いえるのも、赤ちゃんが指しゃぶりをする原因を知っているからではありますが。

sponsored link



このページのトップへ戻る


当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

copyright©2009  【指しゃぶりをやめさせる】-指しゃぶりの原因や防止法  All Rights Reserved